【保存版】簡単!まきこぼし釣りのやり方!

出来れば教えたくない釣り方として知られる『まきこぼし釣り』。この記事だけで『まきこぼし釣り』の準備〜実際の釣り方まで理解いただけます。どこよりも簡単にその全貌を説明します。!

この記事を読むのにぴったりの人

・竿を使って磯や堤防からの釣りにマンネリ化してきた。

・普段の釣りに釣果に期待が持てなくなった。

・恋人と楽しいデートを企画したい。

・ボーとの上でゆっくりした時間を過ごしたい

・食べれる魚をたくさん釣りたい。

・大型漁船を予約するのは気が引けるが少しでも沖に出て釣りをしてみたい。

・まきこぼし釣り もしくは 竿まきこぼし釣り をやってみたい。

1,まきこぼし釣りの歴史

『まきこぼし釣り』は静岡県沼津地方が発祥と言われる伝統的な釣法で、名前に馴染みがないものの 実は昔からある釣り方です。昔は釣り糸をちょうどいいサイズの瓦(カワラ)や石に巻き付けて 竿なしで糸を手繰る 糸をまいてエサをこぼしながら釣る方法として有名でした。昔はまず まきこぼし釣りに使える石を探すとこから釣りがスタートしていたようです。

近年では竿を使って『竿まきこぼし釣り』として発展し、昔の瓦や石の代わりとなる”まきこぼし 釣り専用のプレート”が販売されています。

2.”まきこぼし釣り”ってどんなもの?

まきこぼし釣りは、専用のプレートの上に釣り針のついたエサと撒き餌を乗せてつり糸をクルクルと巻きつけ、そのまま海に落とす釣り方です。その仕掛けを海に落とすと、クルクルと巻き付けた糸がほどけながら、エサをこぼしながら海に沈んでいきますので、まきこぼし釣りと呼ばれます。

3.準備

〜事前編〜

1.”ボートを予約する”

予約すると6時〜15時くらいまで利用できます。波が大きいと出る事ができません。web予約とかはできないので、電話にて予約しておきましょう。春先から人気で予約が取りにくくなりますので早めに予約しておきましょう。

(伊藤エリア)川奈観光ボート

(沼津エリア)岩崎貸ボート

(沼津エリア)あいそボート

2.”釣りに必要なものを揃える”

▪️竿(専用のものである必要はないが、比較的短い竿が良い。万能竿で十分)

▪️リール (水深が計れるカウンター付きのものが好ましい。)

▪️釣り糸(フロロカーボンという材質で5号くらいが良い)

▪️ハリス(4号で長さは7mくらいで利用する。購入するのは次回も使えるように長い物にすると良い)

▪️サルカン(ハリスに付けるもの)

▪️針(マダイ9号あたりがベストかと)

▪️バケツ(エサは凍ったブロックで購入するのでバケツの上で溶かしながら利用する)

▪️クーラーボックス(魚持ち帰り用)

▪️LIP(ローインパクトプレートといってまきこぼし の板です)

3.”仕掛けを作る”

ハリスに釣り針とサルカンをつけておく。youtubeとかでつり糸の結び方はよくupされているのでそれをチェックしても良い。

〜当日編〜

4.”エサを買う”

エサ(アミ、オキアミを1.5キロずつくらい?)釣り場の近くの釣り道具屋さんで買えます。ボート屋に置いてたりもするので、電話で問い合わせるのもいいかも。

5. “釣り時に飲み食べするものを買う”

ボートの上で飲む飲み物や軽食があるといいですね。

6.”ボート屋まで行ってボートに乗る”

3.釣り開始

1.”棚をはかる”

いわゆる水深を確認してタイなど大物がいる位置を確認します。このためにカウンター付きのリールがあるといいんですね。海底から3〜7mくらいが理想です。

このようにカウンター付きリールでなくても、竿につけるカウンターも売ってます。安いです。

2.”釣り具を広げる”

事前につけた仕掛けを作ったハリスをを竿とリールの釣り糸と繋げます。

3.”事前に準備したエサをセットする”

ここがまきこぼし のポイントです。

まずはアミの尻尾をちぎってそこから針を通してお腹あたりから針の先端を出す。

そしてLIPの上に置きます。

その上に撒き餌となるアミを数匹重ねます。糸を巻き付けていくのでまきこぼし する過程で絡まるのを防止する役目もあります。

そして糸を巻き始め、オキアミを上に乗せてまた巻きつける。これを3回ほど繰り返します。

これで仕掛けは完了!

4.”仕掛けを海へ投げる”

5. “釣れるまで3.4を繰り返す”

4.まとめ

まきこぼり釣りは少しボートで少し海に出るには圧倒的に釣れる方法です。

一度やってみるととても簡単なので準備だけよく確認しながらやってみてください。まずは騙されたと思ってやってみるべし!

ボートの上で飲むコーヒーやカップヌードルは絶品ですよ。

以上です!

スポンサーリンク
no1
no1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
no1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。