【キャンプ好き必見】待望のOUT DOOR SHOP DECEMBER(ディセンバー)目黒店Open

キャンプやアウトドアにハマっているがもっと新しいキャンプ道具が欲しい。こだわりの逸品に囲まれてアウトドアライフを楽しみたい。。

アウトドア、キャンプを楽しむ人達は誰でもこんな事を思った事、考えた人はいませんか??(少なくとも私は私は考えたことありますwテント、チェア、焚火/グリル台、コーヒーセットや調理器具。。)

コールマン、キャプテンスタッグ、スノーピークなど様々なブランドからキャンプグッズをさがしたり、夜な夜なAmazonを見ている人も多いでしょう。そんなキャンプ好きは必ず知っている山形のアウトドアショップの有名店「DECEMBER」ですが、このたび 2018年10月20日に待望の東京にお店がOpnenしたのです。

これまではネットもしくは山形の店鋪でしか買えなかったアウトドアグッズが東京の目黒で手にとって商品を見ることができます。キャンプ好き必見の情報です。

自分へのアウトドア利用にはもちろん、アウトドア好きのあの人へのプレゼントとして是非足を運んで見て下さい。

一足先に目黒店にて商品を見にお邪魔してきましたので、感想を記載しますー。

OUT DOOR SHOP DECEMBERとは

山形県は山形市飯田にあるオリジナルブランドも展開するアウトドアショップDECEMBERです。知る人ぞ知るというよりももはやキャンプ好きなら誰でも知っているほどセンスの良さで有名なショップです。

OUTDOOR SHOP DECEMBERのHP

お店は山形にしかなく、山形の近くにお住いでない方はネットでしか実物が見れず、とても悔しい想いをしたはず。。とは言え、わざわざ遠方から山形へ行くツワモノもいるくらい根強いファンがいるようです。

店内にオリジナルブランドである「DAIS Design and Field」「CUCUCHI Design and MIx」のスタジオが併設されているとのこと。またカヌー、沢遊び、ハイキング、キャンプ等のツアーも行っているようで目に見える商品だけでなく、マンネリ化したアウトドア計画がてらにもお店に顔を出してみるのも良さそうですね。

営業時間 13:00~18:00  定休日 / 毎週 水曜日・木曜日

所在地 〒990-2332 山形県山形市飯田2-2-2 TEL,FAX / 023-623-9671

引用:DECEMBER HP

OUT DOOR SHOP DECEMBER 目黒店 open

東京都目黒区目黒に2018年10月20日にopenした目黒店。場所は目黒駅から目黒川方面に歩き目黒通り沿いに歩いて目黒川や山手通との交差点を超えて少ししたところです。目黒通りのお洒落なインテリアショップがあるエリアですね。

営業時間 12:00~20:00  定休日 / 毎週 月曜日・第2第4火曜日

所在地 〒153-0063 東京都目黒区目黒4-10-4 TEL,FAX / 03-6451-2917

引用:DECEMBER HP

目黒店の雰囲気

早速目黒店にお邪魔してみましたので、お店の雰囲気や置いてあったアイテムを静止画ベースでご紹介します。(ボラギノールのCMか!)

■お店の外観

コンパクトでひっそりとした店構えですが、センスのいいにおいがしてます。

■店内

外観から見える窓際には見にくいですが、左手にはトランギアのフューエルボトル数種、トランギアのアルコールバーナー、上段と中段には人気の高い商品でもある「DECEMBERオリジナル トランギア ケトル」、「DECEMBERオリジナル トランギア メスティン」が。。なんと言っても色が可愛い。。。ちなみに、写真の右手奥には「テンマクデザイン x DECEMBER サイレントツーバーナー」が置いてありました。アルコールバーナーを2つ置いて使えるアルコールバーナーのコンロですね。

吊るしてある小さめバッグはどちらもオリジナル商品で、写真左側は「DAIS(ダイス) ラウンド サコッシュ」右側の少し大きなバッグは「DAIS(ダイス) キャンピング サコッシュ」。どちらも色がよく、触っていても気持ちがよく、ちょっとした物を入れるのに使い勝手が良さそうです。

そして写真の下の棚に置いてあるのがこちらもオリジナル商品の「DAIS(ダイス) ツール&ログキャリー」と「DAIS(ダイス) ツールキャリー」です。手前から3つ目の小さなツールキャリーを購入しましたので後ほど詳しく記載します。

こちらはトートバッグとピクニックチェア。単色ですが、なぜか大人っぽく、、センスがよい。。

キッチン小物も充実していていちいちセンスの良さを感じます。。

写真左側はアウトドアでも自宅でもお洒落かつ機能的な使い方ができそうな「DAIS(ダイス) ユーティリティー キッチン ロールケース」です。ちなみに中央に吊るしてあるのは「DAIS(ダイス) ペグハンマー」。

こちらも色違いがありました。色の選択肢があってこちらも迷う。。笑

定番OPINEL(オピネル)のナイフや、スプーンやフォークがまとまるカトラリーのキッチン小物、DECEMBERだけ限定の「ガス缶カバー」が置いてあります。このカバーとてもよかったです。。

他にもお箸が置いてあって、購入したらすぐにお箸として使える物と自分サイズに自分で削ってから使う お箸になる直前みたいなもの も置いてありました。笑

写真上部はタープのオーダーメイドのための生地サンプル。

下にはこちらもオリジナルブランドであるCUCUCHI(ククチ)の「タープフラッグ」がさりげなく置いてありました。

オーダーするタープの生地は触ってみたくなるし、触ると欲しくなりますね。

商品購入はクレジットカード利用もOKでした。

目黒店を訪れてみた感想

正直店内は大きくはありませんが、予想以上に長居してしまいました。というのも店内だけでなく、商品一つ一つに溢れんばかりのセンスが出ていてどれも欲しくなってきます。。丁寧に商品が作られている事と豊富な色、温もりを感じつつ大人な印象を受けた店内でした。

とは言え、店内は友人のワンルームの部屋に遊びに行ったくらいの広さなので(わかるか!)サクッと散歩がてらに見るのも良さそうです。

ちなみに私は数点買い物をしました。どのアイテムを買うか、その後、どの色にするかという流れで買い物することになると思います。

購入してみた感想

数点購入させていただきましたが、お目当てでもあったツールキャリーの使用感をご紹介します。

私が購入したのは展開されている一番小さなサイズのツールキャリー。

色はオリーブで持ち手は触り心地の良い木になっています。生地もしっかりしているのでたくさん入れても大丈夫そう。底には下敷きが引いてあって持ち上げても底崩れしない。入れてみたのはトランギアの0.5l フューエルボトル、クッカー、アルコールバーナー、コーヒー豆瓶、Karitaの手挽きミル、折りたたみコーヒードリッパー、ナイフ、などです。

コーヒーセットや朝食セットとしても小さなツールキャリーは利用できそうですね。

家で文庫本入れ として利用しているお客さんもいるとのことでした。(店員さん談)

持ち手の部分を立てて見るとこんな感じです。持ってみるとわかる心地良さがあります。おそらく個人的には木の肌触りと形の良さがそうさせてるのだと思います。

まとめ

山形はちょっと遠いと思っていた首都圏在住のアウトドア好き、キャンパーのみなさんは是非行ってみるべきだと思います。またアウトドア利用だけでなく、センスの良い自宅インテリアとしても利用できるので、目黒通りでインテリア探しとしても良いでしょう。個人的には大手アウトドアショップより大満足でした。

以上です!!

スポンサーリンク
no1
no1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
no1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。