自宅のカーテンを自動で開け閉めできる【mornin'(モーニン)】

高級ホテルのようにカーテンが自動で開いたらいいのに。。

朝、目覚ましと同時にカーテンが開いて太陽の陽で起きたら幸せだろうな。。

こんな事を思った事、考えた人はいませんか??(少なくとも私は私は考えたことありますw目覚ましの音が不快すぎるので自然の光でナチュラルに目覚めてみたいと。。。)

あるんです、そんな商品があるんです。。

Mornin'(モーニン)という商品で家電ベストバイにも選出されたことがある有名な商品です。

なかなか耳にしないですが、とても評価されている商品なのでご紹介します。

なんと価格も5000円しないというので驚き、、その安さで自宅のカーテンが自動で開閉するのであれば、面白半分や新居祝い、朝早い人、朝苦手な人、何かのギフトにもってこいですね。

そんな商品を手にとって使ってみましたので、使ってみた感想を記載しますー。

Mornin'(モーニン)とは

株式会社ロビットという会社がこの商品を販売しています。もちろんAmazonなどでも買えます。場所によっては大型量販店でも購入可能です。ヨドバシなどでも売っていました。

目覚ましカーテン【Mornin’】の製品公式ホームページ

早速購入すると、以下のような箱でした。 (カーテンが左右で分かれていているので2つ購入)

箱から出してみると、なんとまぁシンプルな逸品です。。(サイズが解りやすいようにみんな大好きコカコーラ500mlを隣に置いてみました。)

ちなみにこのmorninは単三電池で稼働します。

機械を開けるとこのようになっています。

開け閉めはスマホのアプリで操作します。タイマーもスマホで設定きますので、毎朝7時にカーテンを開けて、毎晩23時にカーテンを締める などの時間指定での開け閉めも可能です。

ちなみに、、bluetoothでスマホを利用して開け閉めを行うので、e-remoteや赤外線リモコン学習は不可能です。現状 Amazon alexaを利用し声だけでmornin'(モーニン)操作は不可能となります。こちらは私もテスト済みですが、どう考えても無理でした。。

どうやってカーテンにつけるの?

このmorninのいいところはとても設置がしやすいという点です。

特に自宅のカーテンの工事や、ネジやドライバーを利用する必要もありません。。

要は簡単に言うと、”既存のカーテンレールに取り付ける”だけです。

※カーテンレールのないカーテンをご利用の方はここでさよならと言う事になります。。カーテンレールのないカーテンを私は知りませんし、それをカーテンと呼ぶ事もありません。

付け方のステップは以下のような形です。

1.まずはカーテンの端を一つ外す。

2.mornin’を取り付ける(ボタンを押しながらレールにつけるだけ)

3.取り外したカーテンの一箇所を元に戻す。

以上です。。

設置するとこんな感じです。↓↓

設定した状態でなおかつ、ステップ3の状態だと以下のように機械が中に入って見えないようになります。

そうなのです、、このmorninという機械はカーテンの中に隠れます。ので、カーテンが自ら動いているように見えるのが魅力なのです。

使ってみた感想

単純に自動で開くというのが素晴らしいです。タイマー昨日で目覚まし代わりに寝室に使うのもとてもいいですね。あとはストーカーや防犯対策の意味で タイマー設定でカーテンの開け閉めを行う人もいるようです。 長期の旅行でカーテン閉めっきりや、開けっ放しにするのでなく、カーテンの開け閉めが行われているだけで泥棒も人の気配を感じますよね。

デメリットとしては、、慣れると大丈夫ですが、稼働中の音が少し気になりますね。。ワンルームで狭い部屋の方であれば、半分目覚ましがなっているようなものだと思います。笑

それが不快になってしまうと、太陽の光ですばらしい目覚めという理想からかけ離れますね。。

あと、周辺にベッドや観葉植物があったりすると引っかかって開閉の邪魔になります。。スムーズな開閉を希望するのであれば、カーテン周りはノンストレスな何も置かない環境にするべきです。

それにしても自動でカーテンが開け閉めできるメリットはたくさんあるので気になったら一度買ってみてください。

以上です!!

スポンサーリンク
no1
no1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
no1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。