【これは便利!】スマホだけを使って年賀状を出す!

普段使いこなすスマホ1台で年賀状やハガキの作成および発送までできる方法があるのがご存知ですか?実は日本郵便公式アプリで年賀状やハガキを出せるんです。。しかもハガキを買う必要もなく、ポストに投函することなく、スマホで作成して相手宅に直接届きます!!

毎年年末になると年賀状を出すか出さないかで迷う人も多いですね。

まずそれに気づいてない方が多いかと思いますが、アプリダウンロードから発送まですべて紹介します。(お年を召した方でもわかりやすいように説明を記しますので、”そんなのわかってるよ”っていう若者は適宜飛ばしてみてくださいね。)

これを利用すべきポイントは以下です。。

・年賀状やはがきを買いに行かなくていい。(選ぶのって悩んだり面倒だったりしますよね。。)

・はがきを買ってきてから、自宅でペンや筆を持つ年賀状作成は不要。

・写真や絵文字、メッセージが簡単に挿入できる。

・作成したデータで相手にそのまま直接届けることができる。(ポストへの投函の手間がいらない)

・住所をしらない相手にも年賀状が出せる(※ただし、Twitterやメールアドレスを知っている必要があります。)

ぜひ、年賀状作成に困っている家族や友人に教えてあげてください!

その1:アプリダウンロード

まずはスマホからアプリをダウンロードしましょう。(ここは各スマホの機種に従ってください。私はiPhoneを利用しました。)

iPhoneにある以下のアイコンを開いてください。

image5-1

すると以下のような画面が出てきますね。画面右下あたりにある検索を押して今回ダウンロードしたい、アプリを検索しましょう。

image1-2

今回入れたいアプリの名前ですが、”はがきデザインキット”です。(その年によってこが入るようで後半のその年になっている模様)

image4-1

検索ででてきた”はがきデザインキット”を入手しましょう。右側に出てくる”入手”ボタンを押します。すると、アプリのダウンロードが始まります。

image3-1

正常にダウンロードが完了すると以下のようなアイコンがスマホ上に現れます。

これでアプリのダウンロード作業は完了

image2-1

その2:年賀状のデザインを選ぶ

”その1”で入手したアプリをまず開いてください。

そうするとどのようなデザインの年賀状にするのか選択できる画面が早速現れます。

今回は自分で撮った写真を年賀状に入れたいので、上部の真ん中にある”写真あり”を選択しました。その下に出てくるデザインはすべて自分で撮った写真を入れる事が可能です。

ここで気に入ったデザインを選択してください。

image1-3

気に入ったデザインを選択した後に以下画面が現れるので、問題なければ、”このデザインでつくる”を押します。

image3-2

続いて、その選択したデザインのはがきを普通紙でつくるか写真用紙で作るか選択します。

今回は”普通紙”で作成します。(写真にこだわりがある人はもちろん”写真用紙”を選択しましょう。)

image2-2

次に選択した年賀状のデザインがまた現れます。そこで”写真追加”という画面が現れるので、そこを押しましょう。ここから写真選択に入ります。

image4-2

すでにスマホに保存してある写真を利用するか、今撮影するかを聞いてきます。

ここではすでに撮影済みの保存写真を利用するため”カメラロールから選ぶ”を選択します。

image1-4

そして、以下のように自分で撮った写真を選択し、”決定”を押します。

image2-3

デザインに埋め込まれた写真をチェックして問題なければ、”決定”を押します。

image3-3

次に年賀状に貼り付けるスタンプを選択します。

ここではいうスタンプとは年号や花などの装飾絵、年賀状であればその年の干支などが用意されています。有効に利用したい方は画面右下の”スタンプ”を選択します。

image4-3

スタンプはいろいろ用意されてますが、私はわかりやすく年号を選択しました。

選択するとそのスタンプ選択しながら、そのまま指を滑らせ、位置や大きさを決めます。

気に入ったところでまた”決定”を押します。

image5-2

次に何か自分で入れたいメッセージを入れましょう。画面中央下の”メッセージ”を選択します。

image6-1

書体や色なども選択できますが、入力が終わったら、”完了”を押します。

image7

スタンプの時と同様に位置や大きさを選択して問題なければ、”決定”

image8

これで、出したい年賀状のデザイン修正は完了となりますので問題なければ、”保存”を選択します。(ここで保存を押すと、マイデザインに保存されますので、後日修正も可能です。)

image9

その3:作成した年賀状を注文する

続いて、デザインの保存が終わったら、このまま年賀状を注文するのか、自宅でプリンター印刷するのか聞いてきます。ここではせっかくなので”このデザインを注文する”を選択します。

image10

次に出てくる”利用規約に同意する”を押します。

image11

そうすると、以下のように注文方法の選択が現れます。選択肢は以下4つです。

相手の住所をしらなくてもTwitterやメールアドレスを知っていれば、相手にメッセージが届き、そこで相手に住所を入れてもらうと年賀状がそこに発送される。相手の住所をしらなくてもハガキが出せるすごい時代ですね。。。

・自宅へ送る→自分の家に仕上がった年賀状が届きます。

・直接相手に送る→仕上がった年賀状が自分に届くことなく、相手に直接届きます。

・Twitterの友達に送る→相手に年賀状を受け取るかどうかTwitterのメッセージで送信します。(了承してもらえると相手に住所を記入してもらうので、住所を知らない人でも可能)

・メールで送る→相手に年賀状を受け取るかどうかメールで送信します。(了承してもらえると相手に住所を記入してもらうので、住所を知らない人でも可能)

ここでは”直接相手に届ける”を選択します。

image12

次に年賀状を届けたい宛先を入力します。以下のように”新規登録する”を選択します。

image13

相手の名前や住所を記入して”決定”

image14

次に差出人(自分)の名前や住所を記入して”決定”を押します。

image1-5

そうすると、年賀状の宛名面設定を確認されます。

書体やはがきの種類(ディズニー版とかある)を選択して、問題なければ、”決定”

image17

つづいて年賀状の表と裏を最終確認して”決定”を選択します。(気に入らなければ、ここで編集を選んでください)

image18

ここからは注文内容(枚数や届け日)の確認になります。

何か変更したい場合は”注文内容の変更・削除”を選択すれば、変更できます。

問題なければ、連絡用のメールアドレスを入れて購入に進んでください。

image19 image20 image21

購入が完了すれば、実際にあとは日本郵便から年賀状が勝手に予定日に届く!だけです。。

まとめ

なんと簡単なのでしょうか。。アプリも無料で、写真やスタンプやメッセージも挿入できる。。自宅でPCで数時間もかけてやるより、スマホ慣れしている人にはこっちの方が良い気がしますね。。(PCを起動して年賀状作成という時代はもう個人的には終わりかと。。)

郵便局やポストまで行って投函することもしなくて良いので、ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク
no1
no1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
no1