【完全版】ハロウィンでコスプレする前に知っておくべき事

暑い夏も終わり寂しい気持ちになる人も多いですが、Party好きは10月のハロウィンで頭がいっぱいのようです。

ハロウィン

そもそもハロウィンって何?

そもそもハロウィンは古代ケルト民族が10/31を死者の祭りの日と定めた事が由来でその死者の霊が家族を訪ねてくるため、魔除けとして仮装することになったのが発端です。

私もあまりよく知りませんでしたが、、実は魔除けするための仮装だったんですね。。。

10/31に近づくとカボチャや魔女やゾンビをはじめ、様々な仮装で街中が賑わいますが、

今や経済効果はバレンタインデーを上回るイベントと成長しました。

1位 クリスマス 6740億円
2位 ハロウィン 1100億円
3位 バレンタインデー 1080億円
4位 ホワイトデー 730億円

ハロウィンのコスプレでは自分らしさを追求する人や異性を意識した狙いのコスプレなどいろいろあります。

完全に個人の感想ですが、真面目にレーダーチャートでそれぞれのコスプレを数値化してみますw

定番系コスプレ

その年に限らず毎年定番のハロウィンと言えばというようなコスプレです。定番ということで、比較的手に入りやすいグッズや衣装になっているので街中で見かけることも多くなりますね。あんまり冒険したくないけど、とりあえずハロウィン感を楽しみたい人はこの分類で攻めると間違いがないですね。友人宅でも繁華街でも場所や人を選ばない言わば、攻めないハロウィンw しかし、この分類のコスプレ人種がいなくなるとハロウィンってそもそもなんのかわからなくなるので、攻めてないとは言え、このコスプレを全うする人々を評価しましょうw

<分類されるコスプレ>

魔女、フランケンシュタイン、パンプキン、バンパイア、海賊、囚人、ドラキュラ、アメコミヒーロー、

<参考コスプレ>

dd

出典元:amazon.co.jp

ffgg

oo hh

モテ系コスプレ

一見定番と見せかけて実は異性モテを重視したコスプレ。w

アットホームなハロウィンパーティー向けというより夜の繁華街等に多いのが特徴です。

特に夜型人間やクラバーに多く、ハロウィンの楽しみの一つとして完全に異性を意識した仮装と言えます。

一般に男性は男らしくかっこいい、女性はセクシーな仮装が多いカテゴリー。

<分類されるコスプレ>

警官、SWAT、ナース、悪魔、アリスやディズニーのヒロイン、

<参考コスプレ>

bbcc

rree

出典元:http://www.netsea.jp

wwppp

出典元:pbs.twimg.jp   curet.jp

話題系コスプレ

その年に流行った映画、アニメ、芸能人など時事ネタを含む今年ならではのコスプレカテゴリー。

本人は独創性に富んでいると自信を持つが、実際の所は街中でダダカブリすることが多い。

話題のアレということもあり、「あー!」と初見での爆発力に定評はあるが、5分も一緒にいれば、周りから飽きられる事も多い。またハロウィン当日は一日中、その人物やキャラになりきらないといけないので、本人も疲れてしまうパターンが多い。。w

中途半端な気持ちで挑戦しがちだが、長丁場が予想される場にはそれなりの覚悟は必要と思われます。

<分類されるコスプレ>

ポケモンキャラ、一発屋芸人衣装、有名人、映画キャラ

<参考コスプレ>

qqtt

出典元:ameblo.jp  ,  mutoli.jp

oozz

出典元:livedoor.blogimg.jp  , cdn-ak.f.st-hatena.com

%ef%bc%98%ef%bc%99

お笑い系コスプレ

かっこいい/かわいいは捨てて、笑いを重視したコスプレカテゴリー。w

ハロウィン感も無視して、笑いの数値だけが飛び抜けるが失敗するとほぼ何も残らない。

自分好みのコアな笑いより、見た目でわかりやすいものを心がけて万人ウケする内容を選択しましょう。ハロウィンも回数を重ねると定番系やモテ系が多いので、1グループに一人は居てほしい重要な役割を担うコスプレカテゴリーであると言える。

<分類されるコスプレ>

食べ物、一発屋芸人衣装、お相撲さん衣装、その他(ここは分類が難しい)

<参考コスプレ>
aann

出典元:www.helloween-word.jp , item.rakuten.co.jp

ssuu

3 wwwww

ガチ系コスプレ

毎年見かける完成度が極めて高いコスプレカテゴリー。

「そういう仕事ですか?」って言いたくなるような完成度に周りの注目度も半端じゃない。

市販のパーティーグッズで揃えたアイテムじゃなく、自信で長い時間をかけて製作しているケースが多く、もはやハロウィンというより趣味に近いであろう。

ハロウィンでチャラついた街中に完成度の高いコスプレ人種を見るとなんというか好感が持てますね。私的な解釈ですが、このカテゴリーに入る人たちはみんな良い人。。w

完成度が高いのにもかかわらず、あまりドヤ顔をしていない印象を受けます。

ただ異性モテや笑いはなく、ほぼ尊敬の眼差しとなります。

<分類されるコスプレ>

映画やアニメキャラ、その他、、

<参考コスプレ>

qqq nnn xxx bbbqqqq

出典元:matome.never.jp

何がしたいねん系コスプレ

毎年数人現れる「何がしたかったの?」って言いたくなる仮装スタイルの人。

そもそもそれ仮装なの?くらいのケースが多いが、個人的にはこのジャンルがツボに入ったときの爆発力は測りきれないので、場合によっては笑いのメーターが振り切れる可能性をもつ。

異性モテやハロウィン感こそないが、その年のハロウィンに爪痕を残すという意味では忘れてはいけないカテゴリーの一つです。

ここを目指すのであれば、チープになんかやろうとしている感じを出す事が重要です。

<分類されるコスプレ>

なし。 ※そもそも分類ができない事がこのコスプレの特徴

<参考>

qqqqqqq blk

7

tyry sdf cvbqrwqrttttt

まとめ

ハロウィンに参加するメンバーや参加する場所に応じて自分の仮装スタイルを選択しましょう。男性はコミカル系か警官やSWATなどの定番、女性はスタイルを生かした比較的セクシーな仮装が多いようです。

ハロウィンの仮装ではあまり冒険せずにスベる事を恐れるのではなく、由来はさておき、年に一度の仮装を楽しむ日として友達からの信頼を失わない程度に新たな自分を探してみてもいいと思います。

東京なら六本木や渋谷、大阪なら心斎橋エリアが例年盛り上がる場所となります。ディズニーやUSJも仮装する場として有名ですので友人同士、もしくは恋人同士で参加するのも楽しそうですね。

いずれにせよ、今後のハロウィンの盛り上がりは経済効果はもちろんそれ以上の効果がある事を期待しましょう!!

スポンサーリンク
no1