おしゃれな人とそうでない人。あなたはどっち?

あの人お洒落だなー。って思うことよくあるんですが、みなさんいかがですか?

ちょっとここらで真剣におしゃれな人とそうでない人を考えてみましょう。

おしゃれの語源は?

おしゃれは、漢字で「御落」と書くように、「落(しゃれ)」と同じく、「れ(され)」「戯れ(され)」が転じた言葉である。おしゃれは、「れ」よりも「戯る」に基づくものとされる。「戯れること」は機転が利き気が利くことから、抜けしていることでもあり、そこから、おしゃれをする意味の動詞「しゃれる」が生まれ、おしゃれになったと考えられる

うん、調べた俺が悪かった、よーわからん;;

辞典で調べると、、

おしゃれ

[名・形動](スル)服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人。「―な若者」「―な店」

とのことです。

要は他人より服装(化粧)で洗練されていて勝っているということですな。

言葉の意味はさておき、おしゃれについて自論語ります。

総じて、おしゃれじゃない人って服のサイズや色や形が自分に合っていないものを着てませんか?

逆におしゃれな人って自分のことを客観的にみれていて、サイズ、色、形だけでなく自身のキャラクターにあった服装をチョイスしてますよね。

ここがまず一番の違いだと思います。

自分を理解しているかどうかですね。

海外セレブの出まくっているファッション雑誌を無駄に読み込む人って自分を客観視できてなくて、海外セレブが着ているおしゃれをそのまま自分も着ちゃうみたいな人いますね。。(合っている人もいますが。)

自分を客観視するのってすごい難しくて、自分の事を客観視してくれる人にアドバイスをもらうのが最短でしょう。。

あと、おしゃれ=流行だったりしますよね?流行についてもおしゃれな人はカバーしてきます。

冒頭でも書いたようにおしゃれは他人より洗練されている様なので、本来は流行を掴むことはおしゃれではない。他人と一緒だから勝ったと言えない。。

じゃどんな人が一般におしゃれと言われるののか。。。。

ざっくり以下のタイプ分けできると思います。

1).流行を作る人

2).流行と同時にその波に乗る人

3).流行した後に遅れて取り入れてくる人

私の知っている経験上、モテる人は2番です。

そうです、本当におしゃれな人は1番かと思いますが、モテるとおしゃれは別です。。。

なので、モテたいという人は常にアンテナさえ広げておけば、モテるためのおしゃれは可能です。(アンテナ維持のため、ある程度の労力は必要そうですが。。)

お金や労力がかかりますが、おしゃれな人になるためにせめて情報だけは手にいれておきましょう。。今後はファッションについても記事を書いていきますー。。

スポンサーリンク
no1
no1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
no1